食事の脂肪、糖の吸収を抑える、「ベジファス」最安値、効果、口コミまとめ

特に関西出身の男性なんかは炭水化物が大好物だと思います。お好み焼きや焼きそば、ラーメンををおかずにご飯を食べる、最高ですね。

スーパーやコンビニなんかに売っているカップ焼きそばはとてもご飯に合うおかずです(笑)

でもそんな炭水化物は糖質の塊。食べ過ぎると健康に良くありません。

そして、炭水化物と同様肉も最高!

私なんかは大盛のライスとラーメン、から揚げがあればそこは天国です。

でも肉類、特に揚げ物なんかは脂肪が多いのでこれも取りすぎると健康に悪い。

だから控えないといけない・・・

でも我慢するのも苦痛ですね。

そんな人におすすめなのが、食事前に1スティック食べると脂肪や糖の吸収がさえられる、「ベジファス」という健康食品です。

購入は以下の画像リンクより公式サイトへアクセスしてください。

ベジフェスの購入先は?最安値は?

この情報は2017年11月23日現在のものです。

ベジフェスを購入できる通販サイトを探してみたところ、国内最王手の通販サイト楽天では残念ながら取り扱いがないようです。

amazonでは取り扱いがありました。

ですので、購入するなら通販サイトamazonか公式サイトになります。

amazonでは、1箱(15本入り)が3180円で販売されています。

amazonは、世界的にも王手の通販サイトであり、ポイントもたまるので、日々amazonを利用されている方にとっては比較的オススメの購入先です。

ポイントが有り余っているならamazonでの購入が良いでしょう。

また、公式サイトで1回購入して、解約した後、再び始めようと思うなら、amazonの方が若干安くなります。

ただし、公式サイトであれば、今はキャンペーンが行われているので、初回購入に限り2箱3000円+税で買うことができ、定期購入であれば2回目以降も2箱4600円で購入することができます。

定期購入を解約したい場合は、次のお届け日も10日前までに連絡すれば良いようです。

送料もかかりません。

初回購入ならアマゾンの半額程度、2回目以降も80%程度の金額で買うことができるので、現在の価格においては、公式サイトでの購入が断然お得ということになります。

購入は以下の画像リンクより公式サイトへアクセスしてください。

ベジフェスの効果と中性脂肪について

ベジフェスを、食事前に1本食べることで、食事の中性脂肪の吸収を抑えることができます。
中性脂肪って何でしょうか?

毎年健康診断で血液検査を受けられると思いますが、その中に「中性脂肪」という項目があるかと思います。

正常値は医療機関によって子泊まりますが、大体50~149mg/dlといったところだと思います。

中性脂肪が多いと動脈硬化になりやすくなり、動脈硬化の状態が続けば、心臓に負担がかかり続け、心筋梗塞、脳こうそくなどの重篤な病気の原因にもなりえますので、中性脂肪の値の管理には注意が必要です。

中性脂肪が増えやすい食事は、脂質や炭水化物を多く含む食べ物です。

適度な量は必要な栄養素ですが、お肉やご飯、アルコールなどを多くとる人は値が上昇しやすいです。

運動不足も中性脂肪蓄積の原因になります。

中性脂肪をコントロールするには、食事の内容や運動を見直すのがベストですが、食事を心から楽しみたい、付き合いでお酒を飲まざるを得ない、忙しくて食事にどうしても気をつけている時間がない、という方にはぜひ中性脂肪の吸収が抑えられるベジファスを試していただきたいと思います。

購入は以下の画像リンクより公式サイトへアクセスしてください。

ベジフェスの効果と血糖値について

ベジフェスには、食事前に1本食べることで、食事の糖の吸収を抑えてくれる効果があります。

「糖」とは、純粋にケーキや甘いお菓子などに含まれている砂糖ももちろん、炭水化物も消化酵素により、体内で糖に変わります。

したがって、ご飯や麺類などをよく食べる人は、糖質を多くとっていることになります。

健康診断の項目で、「血糖値」という項目、「尿糖」という項目があるかと思いますが、血糖値の正常値は空腹時で100mg/dl未満という医療機関が多いです。

尿糖は、血糖値が180mg/dlくらいまで上がってくると「陽性(+)」になるようです。

もちろん尿糖の正常値は「陰性(-)」です。

血糖値が空腹時で126mg/dl以上であれば糖尿病と診断されるようです。

糖尿病が悪化すれば、さまざまな重篤な合併症が現れ、糖尿病により腎臓が壊れ、人工透析の状態になると生命予後も長くないといわれています。

また、もっとも治りにくいがんといわれる「すい臓がん」になる危険性も高まるようです。

ですので、食事で砂糖や炭水化物のとりすぎを抑えてコントロールするのがベストですが、日々が忙しい方には補助的にこの「ベジファス」を利用されることをおすすめします。

購入は以下の画像リンクより公式サイトへアクセスしてください。


ベジフェスの効果、魅力の秘密はその成分に!

ベフフェスは食事前に食べることで、食事の血糖値の急な上昇や、脂肪、糖の吸収を抑える働きがありますが、その秘密はベジファスの成分にあります。

★難消化性デキストリン
ベジフェスには、1本15gのうち、5gが難消化性デキストリンという食物繊維の成分が含まれています。

難消化性デキストリンは、食後の血糖値の上昇を抑制し、糖尿病や動脈硬化、大腸がんなどの予防に効果があるといわれています。

健康食品や清涼飲料水、加工食品などに多く含まれていますが、このベジフェスに含まれている5gという量は、レタス2個分に相当する量です。

食事前にレタス2個を食べるのは相当きついですが、これ1本なら何の苦もなく食べることができます。

★シークワーサー果汁、レモン酢

また、このベジファスは、長く続けられるように、食べやすくする工夫もされているようです。

沖縄産のシークワーサー果汁が含まれています。

沖縄を旅行した時、シークワーサーのジュースやワイン、酎ハイなどを見かけることもよくあると思いますが、あの沖縄のシークワーサーです。

ほのかな甘みと酸味のある柑橘類です。

シークワーサー自体にも高血圧などを予防する効果があります。

さらにレモン酢も加わってさわやかな味わいになっていて、おいしく続けられる工夫もなされています。

ベジフェスの口コミまとめ

実際にベジフェスを購入された方の口コミをまとめてみます。

★味もおいしく、しつこくないのでその後の食事の味にも影響しません。夕食前に食べ続けると、特に食事内容は意識せずとも、体重が少しずつ減っていて、効果も確信できています。

★食事前に取ることで、過剰な食欲も抑制され、食後のスイーツも我慢できました。食事の量も少なくて満足できるようになり、前のようにドカ食いすることがなくなりました。

★おいしく食べ続けて、その結果間食が我慢できるようになりました。

★旅行先で食べ過ぎて体重増加してしまいましたが、ベジファスを食べることで数日で元に戻ることができました。

★1つ1つ個別包装されているので持ち運びにも便利です。

★私は、急に血糖値が上がった時に自覚症状を感じるタイプですが、ベジファスを食べた後だとその自覚症状が出ませんでした。

★お米を食べたいという欲望がベジファスのおかげで抑制されました。

(口コミはここまで)

といったように、多くの方がベジファスを食べることで、ダイエットなどの健康効果を得ているようです。

脂肪や糖の吸収抑制だけでなく、脂肪や糖を多く含む食品を食べたい、と思う欲望も抑えられるようです。

しかも、おいしく味付けされているので長く続けても苦にならない、といった意見も多くあります。

気を付けるべき点としては、、ベジファスは医薬品ではないので、病気を治すためのものではありません。

基本的には食事などの生活習慣を心がけ、その限界を補う、といった目的でベジファスを利用されると良いと思います。

購入は以下の画像リンクより公式サイトへアクセスしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする